メディアアプリが最適な理由

TOP > ポータルメディア運用企業向け > メディアアプリが最適な理由
なぜアプリが最適なのか?

フリーペーパー・地域特化型サイトにアプリが最適な理由

情報収集手段がWebブラウザからアプリへ

情報取得手段がWebブラウザからアプリへ

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社の発表によると、スマホの利用時間は1日平均1時間48分。
スマホの利用時間全体のうち、アプリの利用時間はWebブラウザの約2.5倍の72%を占めており、ユーザーが情報収集する 手段はWebブラウザからアプリへ推移している傾向にあります。
そのためアプリ化させることで閲覧回数と時間を増やすことが出来ます。

 
プッシュ通知で最新情報をお届け

「プッシュ通知」でリアルタイムに最新情報を配信

アプリは紙媒体とは異なり、更新コストがほぼかからないため 即時で情報を更新し、ユーザーへ通知することができます。 Webサイトも即時で情報を更新することができますが、 媒体の性質上、ユーザーにプッシュで更新情報を通知すること は難しいのが現状です。
更にアプリの場合、プッシュ通知を受けとった後、約70%の ユーザーがアプリを起動し、その後、約61%のユーザーが何らかのポジティブなアクションを起こすと言われています。 アプリならリアルタイムに、より髙い精度でユーザーに情報を届け、行動を起こさせることが出来るのです。

 
ログデータの取得、分析、改善

ログデータの取得、分析、改善ができる

紙媒体では「媒体をみて電話した」「クーポン利用があった」等、ユーザーがアクションした反響数しか分かりませんでした。
アプリではログデータを取得できるため、例えば「アクションにはいたらなかったユーザーはどのコンテンツを見たのか?」、「どんな属性のユーザーが多い傾向にあるのか?」等のデータを見ることができます。データを元に改善点を見つけ、コンテンツやバナー等のクリエイティブの改善につなげることが可能です。

 
O2O(オーツーオー)に最適

O2O(オーツーオー)に最適

O2Oとは、オンライン(インターネット)からオフライン(実店舗)、またはオフラインからオンラインへと、ユーザー(消費者)の行動を促す方法のことですが、
例えばフリーペーパーや地域ポータルサイトからアプリに登録してもらい、登録したユーザー限定でクーポンを配信することで、実店舗への来店促進やアプリの登録者数の増加を期待することが出来ます。

また、店舗に来店した消費者にアプリを登録してもらい、会員限定クーポンを発行することで来店回数を増やしたり、ネットショップに誘導し購入してもらう施策をうつことも出来ます。