AppGooseでアプリマーケティング

TOP > AppGooseの特徴 > AppGooseでアプリマーケティング

ユーザーの情報収集はPCからスマフォへ、Webブラウザからアプリへ

インターネットやデジタルデバイスの普及によって、ユーザーの動向に変化がありました。
情報収集するデバイスはPCからスマフォへ、ツールはWebブラウザからアプリへ。
ユーザーとコミュニケーションを取る手段として、アプリが有効なツールになりつつあります。

STEP1:アプリの目的や要件を整理

まとめアプリイメージ

AppGooseにご興味を持っていただけたら、まずはお気軽にお問い合せください。
お問い合せフォームはこちら

まずはアプリマーケティングで実現したいことをお聞かせいただき、アプリ作成の目的や要件を一緒に整理していきます。※ご希望の方のみ

アプリ作成の目的を整理するなかで、もしかしたら必須だと思っていた機能が必要なかったり、目的達成のためにはアプリ以外の手段のほうが合っていたりするかもしれません。

STEP2:スピード導入&公開

まとめアプリイメージ

アプリマーケティングをはじめると決めたら、機会損失を防ぐためにもアプリ公開日を決め、すぐにアプリの作成をスタートさせましょう。

AppGooseなら最短3ステップでアプリコンテンツが作成できます。
さらに汎用アプリ「GOOSEE」を利用することで、作成後即時でアプリコンテンツの公開をすることが可能です。
GOOSEEとオリジナルアイコンアプリとは?

STEP3:シンプルな運用フローの確立

まとめアプリイメージ

AppGooseは、アプリコンテンツの作成をはじめ全ての権限が付与されているマスターアカウントの他に、更新用のサブアカウントを発行することができます。

更新のサブアカウントを発行することで、クライアント様や現場のメンバーに更新作業を任せることができ、リアルタイムでの情報更新・配信が可能になります。
機能について

STEP4:安心サポート体制

まとめアプリイメージ

AppGooseはサポートサイトを用意するだけではなく、
サポートメンバーが社内に常駐しております。(平日9:00~18:00)
1営業日以内の一時返信を目標にサポート対応をしております。

また機能以外の、アプリの戦略や運用方法などもお気軽にご相談ください。
お客様のお悩みごと・お困りごとを早期解決するために社員一丸となって尽力しております。
サポートについて